和裁や着物の仕立て技術を学ぶなら、後藤和裁学院へ!

古くから受け継がれる日本文化であり、女性なら誰もが憧れる美しさを持つ「きもの」を手がけるのが、和裁士の仕事。現在は、確かな技術を持つ和裁士が減少していることから、貴重な技能職者として将来性に期待が高まっています。

和裁に出会い、手に技を持ち、自分らしい人生を見つける。その夢を、ぜひここで実現してください。
【在宅での仕事が可能】 卒業生の多くは独立して在宅で仕事するケースがほとんど。 確かな技術があれば、会社でなくとも自分の力で収入を得ることが可能です。 好きな時間に、好きな場所で、自由に仕事をすることが可能です。 もちろん当学院でも、仕事紹介などのサポート体制を整えて支援しています。
【時代に左右されない技術】 和裁は、古くから受け継がれた伝統の技術。洋服と違って、流行の影響はそれほど大きくありません。 また、日本には、夏は浴衣、お正月や成人式には振袖、七五三には晴れ着など、 四季や行事にきものを着る風習があるため、和裁に対するニーズは豊富です。
【結婚・出産も心配なし】 結婚や出産、子育てがあっても、自分のペースに合せて仕事ができるのが大きな利点。 家庭に入ってもやりがいを感じられる仕事があるのは、女性にとってもは心強いもの。 ブランクがあっても、仕事に復帰しやすいのも安心です。
【多彩な業界で活躍】 在宅だけでなく、ブライダル業界や呉服店などに就職した卒業生もいます。 自分の夢に合せて、幅広く活躍できる可能性が広がっています。
【指導者としての道も】 在学中には、国家検定をはじめ、和裁士会職業検定や職業訓練指導員など資格取得も目指します。 資格を生かして、指導者として活躍することも可能です。
  • トップページ
  • 和裁とは
  • 和裁士の魅力
  • カリキュラム
  • コースと学費
  • 卒業後の進路・サポート
  • 資格と証書
  • 学院概要・アクセス方法
0120 申込フォーム