和裁や着物の仕立て技術を学ぶなら、後藤和裁学院へ!

インフォメーション学院生活・行事の様子»

愛知県立聾学校 体験学習
11.12.09

IMG_1641

平成23年11月25日に当学院にて愛知県聾学校の生徒さん達による体験学習が行われました。

カリキュラムは以下の内容でした。

●被服科 校外セミナー

講師 松井 祐子 (当学院主任教授)

13:00 あいさつ

運針の練習 ─ なみぬい(つむぎぬい→短針)

└ほんぐけ(四ノ三→長針)

14:00-15:20 懐紙入れの製作

15:20 質問タイム

*写真内の黒板にも記載

男子生徒1名、女子生徒3名と付き添いの先生2名で懐紙入れの作成実習を行い、全員が完成しました。

最初は本縫いと本ぐけの練習から入り、準備された懐紙入れの布を使い、講師の指導の下手縫いで完成させました。

完成後生徒の皆さんから着物についての質問があったり、楽しく充実した体験学習でした。


  • トップページ
  • 和裁とは
  • 和裁士の魅力
  • カリキュラム
  • コースと学費
  • 卒業後の進路・サポート
  • 資格と証書
  • 学院概要・アクセス方法
0120 申込フォーム